2020/08 松山旅行 松山城登城

朝食後、松山城へ向かって出発。二の丸方面へ向かって県庁前を通過。ミカン色の痛車が正面に駐車してあった。 角を曲がると2の丸が見えてきた。普通の城なら本丸サイズだな。 黒門口登城道入口の黒門跡へ到着。今は反対側にあるロープ―ウェイで登る人がほとんどだが江戸時代はこちらから登るのが正規ルートとなる。 入っていきなりコの字の角を抜けて槻…
コメント:0

続きを読むread more

2020/08 松山旅行 ANAクラウンプラザホテル松山

松山空上のリムジンバスは各航空機の到着に合わせて運用しているのですぐ市内へ出られる。空港もそんなに広くないので、外に出るとすぐ乗り場が分かった。券売機で切符を買って大街道まで移動。 降りた反対側が今回泊まるANAクラウンプラザホテル松山真ん中をチンチン電車が走る大通りを渡ってチェックイン。 スパイやエリート特典でアップデートしてくれ…
コメント:0

続きを読むread more

2020/08 松山旅行 完成した伊丹空港

夏休み明けから在宅勤務終了。もうひきこもる理由も無くなったので、国内旅行から体を慣らしていく。 伊丹空港が完成して初めての来訪。国際線専用カウンターが無くなってアシスタント専用カウンターになっていた。 今までのカウンターも新しくなっていた。人が居ないせいか大きく感じる。 自動手荷物預け期も登場。場所的に一番奥にあるのだが、混雑する…
コメント:0

続きを読むread more

この頃のコロナの影響 その4

約5か月間の在宅勤務もしれっと終了し通常勤務が戻ってきました。残暑のや突然の夕立の通勤に、体が慣れなくて辛い今日この頃。個人的には在宅勤務で全く問題なかったのだが管理する側としては目の届く場所にいないと不安だと・・・それってただ単に上司としての能力がないだけじゃないですかね?多分近々AI社会に対応できなくて淘汰されるかと・・・まぁ結局、…
コメント:0

続きを読むread more

2017/10 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ クラウドフォレスト

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで次に向かったのは「クラウドフォレスト」 入場すると目の前にそびえたつ山があった。ここ温室の中だよな? 上空から落ちてきた滝は地上では霧になっている。エレベータで頂上まで移動する。 頂上には池があった。 一番目立つラフレシアは何故かレゴ製。 ここから歩いて降りていく。山の外側に飛び出た道もあれば 山…
コメント:0

続きを読むread more

2017/10 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ フラワードーム

期待せずに行った「シンガポール植物園」が結構面白かったので、新しい植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」にも足を運んだ。 まず行ってみたのは「フラワードーム」ここは世界中の砂漠植物が集まっている。ハロウィンのシーズンだったのでカボチャで一杯だ。 やはり多肉植物多め。常設っぽい木で作られたドラゴンはかっこいいが、キノコの下の人形はちょっ…
コメント:0

続きを読むread more

2017/04 シンガポール植物園 ナショナルオーキッドガーデン

「シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)」は入場無料であるが中に有料のエリアが存在する。 それが世界最大の蘭園「ナショナルオーキッドガーデン」。入場料を払って入ってみた。 これまたきれいなエリアに蘭が咲き誇る。そこかしこに撮影スポットも作って有り良い感じだ。・・・まぁ一人で見て回るのには関係ないが。 大きなくくりで蘭とは言って…
コメント:0

続きを読むread more

2017/04 シンガポール植物園

シンガポールには意外なことに世界遺産が一つしかない。それが「シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)」 世界遺産になったのは2015年と結構最近。それまでは世界遺産がなかったということでもあるが、個人的にはこの頃増えすぎてインフレ気味でもあるのであまりありがたみを感じなくなっている。 ともあれ、普通の公園もきれいなシンガポールであ…
コメント:2

続きを読むread more

2017/04 シンガポール ボードウォーク

ラブラドール砲台を抜けるとそこは公園だった。向こうに山の上から見えたクレーン群が見える。 シロソ砦の方を見ると、何もない山のようだ。 海岸を歩いていると、マシンガンポストを見つけた。セントーサ島にあるものと同じ形のようだが、カラフルに塗られていないので、往時の雰囲気は感じられる。 シロソ砦に近いところまで行くと、一番大きな建物が見…
コメント:0

続きを読むread more

2017/04 シンガポール ラブラドール砲台

シンハー2杯飲んで雨がやんできたので散策再開。次はラブラドール砲台だ。 ケント・リッジ・パークのMRT最寄りの駅「Pasir Panjang」から目的の駅「Labrador Park」は隣なので歩いてもたかが知れてるが本日は乗り放題チケットを持っているので問題ないw目的の砲台はラブラドール自然保護区の中にある。 先は長いなぁ~ 結…
コメント:0

続きを読むread more

2017/04 シンガポール ブキ・チャンドゥ回想館

ケント・リッジ・パークを散策後、MRTの駅に行く途中で看板を見つけた。博物館があるっぽい? 開いてるのか閉まってるのかわからない入口だが、カギはかかっていないので行ってみる。 中々雰囲気の有る建物が現れた。 シンガポール側の兵士だろうか? 内部はこの丘を中心とした日本軍との戦闘の展示だった。戦場となった公園内にはほとんど戦場の展…
コメント:0

続きを読むread more

2017/04 シンガポール ケント・リッジ・パーク

せっせと山登りして到着した「ケント・リッジ・パーク」港にある荷下ろし用のクレーンが見える。 事前の情報ではこの公園に戦車が展示してありそうだったが、どこにもない。 ちょうど掃除のおばさまたちが休憩していたので、写真を見せながら「こんな戦車ここにない?」と聞いてみると、ラブラドールにあると教えてくれた。 まぁちょくちょく掃除してるお…
コメント:0

続きを読むread more

2017/04 シンガポール ピルボックス

「バトル・ボックス」、「シロソ砦」と行きやすい要塞をめぐって翌年。更に小さい要塞群を求めて再度シンガポールへ渡った。今回はマイナーな場所ばかり巡るので、乗り放題切符「ツーリストパス」を買っておいた。これで1日、MRTとバスが乗り放題になる。 降り立ったのはMRT「How Par Villa」駅 その名の通り目の前にはハウパーヴィラと…
コメント:0

続きを読むread more

2016/08 セントーサ島 シロソ砦 その2

見張り台の有る建物地下を通って出ると一段下の広場に出た。ここから島の端にかけて下りながら要塞が続く。 至る所に近代戦には役に立ちそうもない砲台が並ぶ。 次の建物の前には日本機のエンジンが展示。というか野ざらし。 中は日本戦の展示となっていた。 更に展示物があるかな?と、スロープを下ってみたが 残念ながら行き止まり。 島の端に…
コメント:2

続きを読むread more

2016/08 セントーサ島 シロソ砦 その1

前日の「バトル・ボックス」に続いてセントーサ島へやってみた。 今でこそリゾートアイランドのこの島は、かつては全島が要塞となっていた。 「バトル・ボックス」が司令部とすれば、セントーサ島は前線基地となる。 島のほとんどはホテルやゴルフ場、各種遊戯施設となっているが、西側のみ、かつての要塞が残され観光地として公開されている。 巡回バ…
コメント:0

続きを読むread more

2016/08 シンガポール バトル・ボックス

海外旅行が趣味になって10年ほど。せっかく行ったのにブログに上げていない箇所が結構ある。 そのまま埋もれてしまうのは惜しいので、記憶を思い起こして記述していきたい。 最初はシンガポールの「バトル・ボックス」 シンガポールは英国の作った要塞都市である。現在は金融都市として売り出している為かつての要塞は見る影もないが、そこかしこに残る…
コメント:0

続きを読むread more

2020/02 クアラルンプール NH816

KLIA2のTuneホテルに宿泊して翌日。08:00発のNH816便に間に合うようにチェックアウトしてKLIA1へ移動。 本日はエアロトレイン停止もなく、予定通りにGOLDラウンジに到着。 昨晩はコンビニで済ませたので、珍しくナシレマを作ってみた。 本日も帰りはプレエコ。ここ2回ほどビジネスできてプレエコで帰るパターン。 機内食…
コメント:0

続きを読むread more

2020/02 クアラルンプール Tuneホテル

インターコンチネンタルクアラルンプールで2泊して昼にチェックアウト。翌日は朝08:00発のNH816便であるので空港に移動してKLIA2のTuneホテルへチェックイン 久々のシンプルホテル。この頃よく宿泊するナップエリアと比べるととても広いが、先ほどチェックアウトしたインターコンチネンタルと比べるのは酷というものw きちんと水が置い…
コメント:0

続きを読むread more

2020/02 クアラルンプール インターコンチネンタル クアラルンプール クラブラウンジ

今回のクアラルンプール旅はIHG修行でもあるので、インターコンチネンタル クアラルンプールのクラブフロアを予約した。すると当然ついてくるのはクラブラウンジ。モーニング、アフターンティー、イブニングカクテルと利用してきたので紹介したい。 到着した日のアフターンチィー。時間は14:30~16:30ハイティーを頂いた。 翌朝のモーニング。…
コメント:0

続きを読むread more